たけてん

≫2006年10月

だから死に際じゃないと行けない


昨日の続き

母「他には何かある?」
私「行列のできるラーメン屋で
  全部乗せがしてみたい」
母「そのくらい二千円もあれば…」
私「恥とカロリーが邪魔して
  行けないのっ」

残念、関西には支店がありませんでした


母「明日死ぬとしたら
  何が食べたい?」
私「えーっとねぇ
  噂で聞いたことのある
  『じょじょえんのやきにく』」
母「明日行こう!
  死ななくても行けるから!」

ハチクロ

どうしても気になってることがあるんです。

「ハチミツとクローバー」の
最終話を読んだ人だけ
[続き]から投票にご協力下さい。

(ラストシーンのネタバレしていますので
 今後読むつもりの人は絶対に見ないで下さい)

MORE »

JAROとかに言えないだろうか、これ


通りすがりの
ほったて小屋みたいな
ラーメン屋さんに
大きな看板が

テレビで紹介された店

ほうほう

より美味しいお店です

本文をクリックくださいな





催促…?

本文をクリックくださいな





「全国のお城ファンの方は是非」

地雷を踏んでみる

両親はそろって
倉庫の整理を続けてるわけなんですが
出てくるものは
ゆうこのあさごはんのような
懐かしいものだけではないわけですね。

察せる人は察して下さい。

女ひびきゅう自分で地雷を踏んでみたいと思います。

小学校3年くらいのものだと思います。
自由帳に延々と書き綴られていました。

jiyucho.jpg

メアリとアンポンタン

身も蓋もありません


jiyucho.jpg


本当のお友だちはだ~れ

知らねぇよ


jiyucho.jpg

なんか狂ったように日本語がおかしい


jiyucho.jpg

動物が描けなかったのでしょう。

著作権的に

モザイクを

かけるべきでしょうか?


jiyucho.jpg


はん世かい(って何?)で
大金持ちで美人でめーもん中学で
仲間はずれって時点で
普通じゃない



jiyucho.jpg


これを見てほっとする時点で
感覚が麻痺してる。


jiyucho.jpg


「~なの」な語尾がムカつきます。



当時、本気で漫画家にあこがれていたので
マンガの設定みたいなこんなのが
出てくるわ出てくるわ。
ここに出したのは設定みたいなものばかりですが
普通に人を描いたのもありますよ。

ほら。


jiyucho.jpg


以上、体育の日スペシャルでお送りしました。






地中深くにもぐります

ゆうこのあさごはん

今日は絵日記はお休みして
ちょっと長い文章を書きたいと思います。
というのも
連休で父が倉庫の整理をしていたら
おもしろいものがでてきたのです。

yuko1.jpg

「ゆうこのあさごはん」
という絵本です。
作者はやまわきゆりこさん。
知ってる人はピンと来ると思います。
「ぐりとぐら」の作者さんです。

本当は「買って読んでねー」としたいのですが
この本、復刊ドットコムに入っているような限定物ですので
ちょっと中味を紹介したいと思います。

yuko1.jpg

けさ、ゆうこは ねぼうしました。

冒頭一行目からダメダメです。

yuko1.jpg

おかあさんに朝ご飯を一人で食べるように言われた
ゆうこはテーブルにつくと
ゆでたまごに顔が描いてあるのに気付きます。

そこで卵が当然のようにしゃべります

「ぼくを たべないでよ。
それより はやく ぱんと ちーずを たべて
ぎゅうにゅうも のんでしまってよ。」


こいつ、自分だけ助かろうとしています。

それでも素直に卵以外の朝ご飯を食べたゆうこは
卵に塩を小指につけてなめるように言われます。

yuko1.jpg

すると、みるみる体がゆで卵と同じサイズになって
卵と冒険に出かけることになります。

言っておきますが
小さくなることも
冒険に出かけることも
ゆうこは頼んでも望んでもいません。


外に出て木登りをしようという卵は
サルビアのくきを2本折って
1本をゆうこに渡します。
そして木登りをします。

yuko1.jpg

見て下さい。
このニュートンが見たら激怒しそうな
重力を無視した登り方。
無理だろう。
というツッコミもむなしく枝にたどり着いたゆうこ達は

yuko1.jpg

飛び降り自殺 ではなく
鳥のように舞い降ります。
よい子はまねをしないようにと言うテロップが必要です。

yuko1.jpg

ふたりとも とべた!
すずめに なりました。


飛べたかとかはあえて無視するとして
すずめにはなってません。
どんなに飛べても
子供とゆで卵には違いありません。

そうして風に乗るゆうこと卵は
遠くまで飛んで行きます。
すると

yuko1.jpg

おっと!大きな鳥が!
物語で言う「転」です。
ここで立ち向かうのか、それとも知恵で回避するのか。

こっちに くるのかな。
もう そろそろ かえりましょう。
ふたりは ゆうこの いえのほうに もどっていきました。


あっさりUターンしました。
いいのか!
物語の主人公としてそれでいいのか!!?
こうして
何事もなかったかのように
家に帰ったゆうこは
また謎のおまじないで元に戻り
おかあさんが洗濯からもどってくるというおはなしです。

ゆで卵を食べたかどうかは最後まで描かれていません



で、まぁ何が言いたいかといいますとねぇ。

私の母が


この話にほれこんで


私の名前をつけたということなんですよ





私「どんな子に育てたかったの?」
母「…なんていうかのんびりほんわかした……」



yuko1.jpg

どっちにも会ったことがある


やせすぎた
料理人と
太りすぎた
栄養士は
あんまし
信用できない
気がする

昔、母さんが全部同じに見えるって言ってたなぁ


ものすごく久しぶりに
「ちゃお」を読む機会があった。

登場人物が全部同じに見える。

そうか
大人になるとはこういうことか。

このくらいザラにあるらしい



小学生日記のサイトを
元小学校教師の母に見せてみた。

「うん、普通の日記だね」

普通なの!!?

なんか友人がネタにしてほしそうだったのでしてみた



友人の友人の話
マクドでバイトしていた時
男の人がやってきた
「ご注文はお決まりでしょうか?」
「ビックマック、ミート抜きで」
「……………………パンですか?」

ランクダウン


友人の携帯会社が
つながりにくいわ
メール届かないわで
皆に「変更しろ」と言われていた。

今日「番号変わりました」メールが
うんうん、やっと分かったか
「番号は070…」

変える方向違うし!

なるほど



誤って
麦茶ポットに
ふたを落としてしまった。

母「イルカのショーだ!」

すぐに拭いて事なきを得ました




泣いちゃダメだ
泣いちゃダメだ

 | HOME | 

あばうと

ぴより

日記とかのごった煮サイト。
無断転載複製禁止。
画面サイズ1024*768↑&IE推奨。
ban.gif


えんとり


あーかいぶ


かてごり

えにっき2011 (261)
えにっき2010 (357)
えにっき2009 (354)
えにっき2008 (352)
えにっき2007 (352)
えにっき2006 (291)
えにっき2005 (327)
えにっき2004 (339)
えにっき2003 (326)
えにっき2002 (185)
ざっき&らくがき (1974)

ぴくしぶ


けんさく


QRコード

QR